キャットフードの選び方

キャットフードの選び方

猫を飼っている時に気を遣う点といえばキャットフード選びでしょう。

 

キャットフードにもいろいろな種類があるので自分が飼っている猫に適しているものを選んでいく必要があります。

 

そのためいろいろな角度からキャットフードの選び方を見ていく事にしましょう。

 

 

 

まず猫の年齢で選び方を見ていくと子猫の場合は急速に成長する時なので高タンパク高カロリーのキャットフードを選ぶ必要があります。

 

また老猫の場合は内臓機能が衰えてきて消化が遅くなっているのでカロリーを抑える必要があります。

 

そのため高タンパク低カロリーのキャットフードを選ぶ必要があります。

 

 

 

次にキャットフードの原材料別に見てみるとチキン、ビーフ、魚などがあってどれが好きなのかは猫によって変わってきます。

 

猫はどれも好きな傾向がありますが、特に好きなのは魚なので魚が原材料になっているキャットフードを選ぶ事をおすすめしますが

 

猫は肉食獣なのでチキンやビーフが原材料となっていキャットフードもバランス良くに与えていく必要があります。

 

また猫によってはアレルギー症状が出てしまう可能性もあるのでその辺りも考える必要があります。

 

 

 

キャットフードには化学薬品や酸化防止剤などの添加物が入っているものもあります。

 

添加物が入っていると猫の体に支障が出てしまう可能性もあるので健康を考えると添加物が入っていないキャットフードを選ぶようにしましょう。

キャットフードに含まれている副産物

 

世の中にはさまざまなキャットフードが存在しており、飼い主さんはどんな物を与えようか悩んでしまうハズです。

 

質より量を重視した安価で大量に入っているドライフードやたまには贅沢なフードをと缶詰を選んだりと多種多様な物なフードがあります。

 

しかし、購入時しっかりと使用されている原材料を確認して購入されているでしょうか。

 

単にマグロが使用されているとかチキンがいっぱいはいっているなとかその位で判断して買われてはいませんか。

 

しかし、キャットフードには動物副産物という物が含まれているのです。特に安価なフードに多く使用されているのです。

 

 

この動物副産物って一体何なんのかと疑問に思われますが、それは皮や毛、骨などの部分にあたるのです。

 

 

主に食肉加工場にて発生するゴミとなってしまう部分なのですが、これらが含まれているのです。

 

しかし、ゴミと言っても猫にとっては大事な栄養素となるのです。

 

これらの副産物にはカルシウムやミネラル、ビタミン等の肉片では摂取する事がほとんど出来ない栄養素を補ってくれる素晴らしい部位となっているのです。

 

それにより猫ちゃんの健康を維持する事が可能となってくるのです。

 

キャットフードを購入の際はこの副産物が含まれているのか観てみる事も必要です。