キャットフードの栄養について

キャットフードの栄養について

大切な猫ちゃんのための食事、年齢や猫の種類によって必要とされる栄養素が異なってきますので

 

それに合わせて食事もバランスを考えてあげることが猫ちゃんの成長のためには大切です。

 

グレインフリーの食事が良いという説もありますが、グレインフリーにしているから病気に

 

ならないというわけでもありません。バランスよく栄養素が含まれていて、なおかつ保存料や着色料や

 

添加物などが含まれていないフードを運動量などに合わせて与えるのが一番良いです。

 

 

良いフードを与えていても運動不足では筋肉も衰えますし太りやすくなります。

 

人間と同じように

 

食事・運動・休養が猫ちゃんにも大切です。グレインフリーの話をしましたが、実は炭水化物よりも

 

脂肪分が高い食事をしてしまう方が危険という説もあります。

 

そのため炭水化物の量だけではなく脂質などにも注意しなければいけません。

 

タンパク質がしっかりと摂取できて炭水化物や脂質は少し控えめのフードを探してあげると良いでしょう。

 

そう考えると人間と同じようにバランスよく栄養を摂取することが猫ちゃんにも最適なのかなと思います。

 

 

病気になってしまっている猫ちゃんの場合は、病気に応じたフードもありますので、それらを食べさせてあげるのが

 

良いでしょう。獣医さんと相談してみてください。

キャットフードと猫の関係について

 

みなさんはこれまでにキャッとフードと猫の関係について真剣に考えた事はありますでしょうか?

 

 

きっと多くの方はキャッとフードと猫の関係について真剣に考えた事がないと思います。その理由は簡単で多くの人はキャッとフードを食べさせておけば安心だと思っているからです。

 

 

では、本当にキャッとフードを与えていれば安心かというとそういう事はないです。なぜなた、キャッとフードも人間の食事同様で偏った食事をさせていても健康を害するからです。

 

 

ですから、猫の食事でも単純にキャッとフードを与えておけば良いと思うのは間違っています。

 

特に愛猫に長く健康に生きて欲しいと思うならいつも同じ安物のキャットフードばかり与えないようにした方が良いです。

 

 

そうしないといくら毎日キャットフードを与えてそれなりに大事に育てても

 

健康寿命は意外と短くなる事もあるからです。

 

 

ですから、愛猫に健康に長生きして欲しいと思うならキャットフードひとつ取ってもそこそこ高い物を与える事をおすすめします。

 

 

それで多くの方は高いキャッとフードを与えて良かったと感じると思います。少なくとも私はこれまでに愛猫になるべく安物のキャッとフードを与えないようにしてきました。

 

 

いつも健康に良い素材が使われているキャッとフードを与えています。