結局、いいキャットフードって?

キャットフードの種類が増えたから

 

 

人間は雑食ですが猫だっていろんなものを食べることができます。

 

猫だから絶対にキャットフードじゃなければいけないなんてことはないのです。

 

昔は猫を飼っている家では猫に「猫まんま」といって白米にお味噌汁をかけたご飯を用意していました。

 

栄養が足りないと思えば魚を加えたり何かしら工夫して猫に与えていたものです。

 

 

 

でも最近は飼い猫にそういう昔ながらのご飯を与える家が減ってきたように感じます。

 

飼い猫の食事としてキャットフードを選ぶ家庭が増えてきました。

 

昔は今のようにキャットフードが充実していなかったから自分たちのご飯と同じようなものを与えていましたが、

 

これだけキャットフードの種類が増えたらキャットフードを与えた方がいいのかもしれません。

 

 

 

というのは、これだけキャットフードが増えていろんな味のキャットフードが手軽に買えるなら、

 

飼い猫が喜んで食べるキャットフードと出逢えるからです。

 

何十種類もあるキャットフードの中で一つも気に入るものがないなんてことはないでしょう。

 

どんな猫でも必ず喜んで食べるキャットフードに巡り合えるはずです。

 

 

 

だからキャットフードを飼い猫に与えることは良いと思いますが、飼い猫の状態を見て上手に選んでほしいです。

動物病院で販売しているキャットフード

キャットフードは猫の大事な食事です。

 

最近猫ブームでいろんなキャットフードが出てきましたが、パッケージだけが魅力的にならないように

 

中身も魅力があるように作ってほしいと思います。見た目だけ良くして購買意欲をそそってもダメです。

 

 

 

最近はキャットフードに厳しい猫の飼い主が増えてきました。

 

私が知っている猫の飼い主さんはドラッグストアや量販店で販売しているキャットフードは買わないそうです。

 

ではどこでその人はキャットフードを買うかというと、動物病院でキャットフードを買っているそうです。

 

 

 

動物病院でしか販売していないキャットフードがあるそうです。

 

そういうキャットフードはスーパーマーケットや雑貨屋では販売していないそうで、値段の方もちょっと高いということです。

 

だけど値段が高いだけのことはあって飼い猫が病気になりにくく、身体も強く健康に育ちやすいと言っていました。

 

 

 

動物病院でしか販売されていないキャットフードがあるなんて私は最近まで何も知りませんでした。

 

ずっと「キャットフードはドラッグストアで買うのがたくさんの種類の中から選べるからいいだろう」なんて思っていたのです。

 

でもこれから猫を飼ったらキャットフードは動物病院で購入したいです。