キャットフードおすすめランキング【評判の人気商品を比較】

キャットフードでアレルギー対策

保存料、着色料、香料を一切使っていないキャットフードを探していたところカナガンを見つけました。

 

うちのネコはわりといろいろなアレルギーがあるようで、普通のキャットフードを食べるとすぐに毛が抜けてしまうのです。

 

おそらく体が痒くて舐めたりかいたりしてしまうんでしょうね。

 

なのでそれを出来るだけ防ごうとカナガンを与え始めましたが、今のところそういったことはまったくありません。

 

なのでおそらくアレルギーは出ていないんだと思います。

 

それどころか、毛艶がけっこう良くなってきました。

 

しかも毛艶は良くなっているのに見た目は少し痩せてきたように思います。

 

ちょっと肥満気味だったのでこれは嬉しかったです。

 

 

 

で、食いつきですが、うちのネコはかなり良かったです。

 

お皿に出したらすぐに飛んでくる感じですし、たまに袋を自分で開けようとしていたりします。

 

ネコって食べない時は本当に食べないので、これだけ食いつきが良いのは嬉しいですよね。

 

CMみたいな感じでした。

 

 

 

まだ1年とか2年とか長期間食べさせているわけではないのでこれくらいの変化しかありませんが、けっこうネコへの良い影響はありそうですのでこれからはメインであげていこうかと思っています。

 

健康で長生きして欲しいですから、多少高くても良いキャットフードが良いですよね。

 

 

キャットフードも種類が沢山あります

 

昔は、ねこまんまといい、猫には味噌汁をかけたご飯を与えていましたがここ十年くらいでペット事情も変わりキャットフードも数や種類が多くなってきました。

 

下を見ればキリがなく、上を見てもキリがないのがキャットフードですが人間が「これがいいかもな」と思ったものが猫に向いているあっているとは限らないので難しいところです。

 

しかも猫は自分の好みをいえませんので、人間が気を使わなければなりません。

 

人間もそうですが、安くて味の濃いものが猫も好きです。

 

我が家の猫はほっておくと煮物の汁まで飲んでしまうので毎日ヒヤヒヤしているのですが、そういう安物で体によろしくないキャットフードを好きな猫もいます。

 

そういう猫は老いてから病気になりやすく、人間が見ていられないほど弱ってきてしまいます。

 

大病を猫に煩わせないためにも、人間ができることキャットフードをよいものを与えること、だと思うのですが、体によいキャットフードでも食いつきが良いと逆に「これは本当に体にいいのだろうか」と不安になってしまうときがあります。

 

飼い主が心配してしまうくらい食いつきのよいフードもあります。

 

不安になるときもあるでしょう。

 

そういうときは成分表を確認してマグネシウム値が低いかなどこちらでチェックできることはして、猫に与えていきたいと考えています。