キャットフードもオーガニック

キャットフードもオーガニック

私自身、あまり動物に興味はありませんし、飼ったことがあるものといったら金魚くらいのものでしたから、あまり動物について詳しくもありません。

 

 

ですが、私とは全く違う人もいます。

 

ペットである犬や猫を「ペット」と言ったら「違うよ、家族だよ」と、人間のように扱うくらい自分のペットを溺愛している人も多いです。

 

そんなペットを溺愛する人たちの間では、やはりペットに与える餌、ドッグフードやキャットフードなどにも気を遣っているということをニュースで見ました。

 

 

しかも、その餌は自分たち人間が食べるご飯よりも高いものを出しているという人が珍しくないのです。

 

そして、ここ最近では日本でも世界でも健康思考な食品がどんどん増えていますし、大人気です。

 

そんな人間同様、キャットフードの世界でもオーガニックのキャットフードというものが存在していて、結構高いのです。

 

 

猫が1食でどのくらいの量を食べるのか知りませんが、1日に2,3食食べるとなると、たった1キロのキャットフードに数千円も使うというのはやはりすごいことだなと思います。

 

オーガニックのキャットフードがどんなふうに味が違うのかはわかりかねますが、猫もリッチな生活を送るようになったと思いました。

キャットフードにはさまざまな物が含まれている

 

愛する猫ちゃんの為、飼い主さんは美味しい物をあげてあげようと少し高めのキャットフードを購入する方も多いと思われますが、

 

ラベルにに表示されている原材料を確認して買われているでしょうか

 

単にマグロ使用とか鶏肉使用とかで購入しているかと思います。

 

 

しかし、実際にキャットフードを始めペットフードの多くには副産物と表示された物が多いはずです。

 

副産物とは骨・皮・体毛など動物の全てが使用されているのです。

 

何故、副産物が使用されているのかと言うと原価がほとんどない廃材にあたるからです。

 

鶏とかであれば肉は人食用として加工されますが、その他の部位はゴミとなってしまいます。

 

 

しかし、ゴミとして処理するのにも費用が掛かってしまいます。

 

その為、ゴミとなる部分を粉末状にし、ペットフードや肥料等として使用するのです。

 

ゴミと言っても骨だったり皮を使用しているので悪い物では無く、しっかりとカルシウムや鉄分、ミネラルを含んでいますので

 

愛する猫ちゃんの健康を害する物ではありません。

 

 

キャットフードでも人食用でも原材料ラベルを観る事でどんな物が使用されているかしっかりと確認を行い、

 

聞きなれない表示があれば調べてみる事も大切な事かと思われます。